プロの児童発達支援士が指導する運動療育クラス

発達障がい児、発達支援が必要な幼児及び児童(5歳~7歳程度)を対象に、

最新の運動療育にて、脳神経・運動神経の発育発達をサポートします。

指導者は、発育発達の専門知識を学んだ有資格者。

(一般社団法人日本運動支援協会公認 児童発達運動支援士)

「うちの子、順番が待てなくて・・・」

「他の子と比べて落ち着きがなくて・・・」

「体の使い方が下手なんです」

など、気になることがあればご相談ください!

下記のように、お子様に関して何らかの支援を受けている小学生のお子様が対象。

    ・発達障がい(疑いを含む)の診断を受けている。

    ・放課後等デイサービスを利用している。

    ・通級指導教室、特別支援学級、特別支援学校に在籍している。

​ ※特にDCD(発達性協調運動障害)のお子様に効果の高い運動プログラムです。

内容(メニュー)

■トライステップトレーニング(認知機能を高め、脳神経を発達させます)

■ビジョントレーニング(眼球運動の能力を高めることで、運動神経を身に着けるだけでなく、図形を正しく理解する力や、記憶力、集中力、注意力、想像力・創造力などを養います)

■リアクションジャンプ(トランポリンを使って、リズム感を養い、上半身と下半身を連動させることができるようにします)

■器械運動(マット・跳び箱・鉄棒で様々な筋肉を柔軟に使い分ける能力を養います)

■ボール運動(学校体育で得意・苦手がはっきりと分かれてしまうボール運動のコツを知り、日常的に慣れておくことで劣等感を払拭し、自信を身に着けます)

■跳躍運動(かけっこや縄跳びのコツを学び、学校体育を楽しめるようにします)

​定員:3名